発達障害の学習方法は?

発達障害子の学習

私の娘は、長時間座って人の話が聞けません。

今でも、幼稚園での集団行動が、困難な場合がたくさんあります。

不安でいっぱいです。

けれども肯定感を下げるのは避けたいところです。

ありのままの姿を受け止め

失敗しても、自分のペースで進んで行ける道を探してあげたい。

学び方は人それぞれです。

勉強をする方法として、ホームスクーリングがあります。

娘にとって最適な学習方法を模索中です。

 

勉強方法 教材

2歳になった頃、周りの子に比べて言葉が遅かった娘は、公文式に通いました。

忍耐強くなってもらいたかったので、反復練習の公文式を選びました。

少し早い時間に、個別で教えてもらいました。

先生の教えもあり、少しずつ言葉が出ました。公文通ってなかったら、まだ〇も書けない娘のままだったと思います。

 

幼稚園がはじまり、時間帯がたくさんの生徒さんと一緒になりました。

幼稚園での疲れもあり、落ち着きのない娘には、ハードルが高くなってきました。

静かに机に向かうことが出来ないのです。奇声もあげます。

周りの生徒さんに迷惑なので、しばらく休会をすることにしました。

ただ、夏休みの夏期講習には参加できるかなと思い、お願いしています。

 

机に向かう習慣をつけてほしかったわたしは、

通信教育やお家で出来る教材を探すことにしました。

 

ぷりんと きっず 本当に助かります。可愛い絵がいっぱい。

こちらもほんとにありがたいです。教育に役立ちますね!

役立つプリントが600枚!

Hondaから!!家族のためのサイト!!

英語はこれ!!

無料の教材ってたくさんあるのですね!

あとは子供たちが興味をもってくれると嬉しいですね!!

 

あすは娘の、ABR(聴性脳幹反応検査)!!

ちょっとドキドキ…

またABRの検査や結果についてもお話していきたいと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です